メガネ(眼鏡)の作り方~購入時の注意点~

度付きメガネをご希望のお客様は度数情報をいただく必要があります。
以下のいずれかの方法をご指定ください。

01. 店舗で作ったメガネと同じ度数で購入

保証書に記載されている13桁の度数コードを入力するだけで店舗で作ったメガネと同じ度数でお作りします。

  • ※2015年12月1日以降に発行された保証書に記載されています。
  • ※店舗での視力測定から3年以上経過した度数情報は登録できません。
  • ※遠近両用など、オンラインショップで作成できない度数情報は登録することができません。
  • ※オンラインショップでは、お客様の度数に合わせた最適な屈折率のレンズでお作りしています。ご希望の屈折率があるお客様は注文画面の備考欄にご記入ください。

詳しくはこちら

02.度数情報を入力して購入

会員登録の際や、過去にオンラインでメガネを購入した際に、
度数情報を登録された方はその情報をご利用いただくことができます。

  • ※JINS店舗で度付きメガネをご購入されたことがある方は、購入時にお渡しした保証書に、度数詳細が記載されております。

詳しくはこちら

03.レンズ交換券付きで購入してJINS店舗でレンズ交換

「度付きメガネを買いたいけれど、度数がわからない」そんなときに便利なのがレンズ交換券です。購入したメガネと保証書兼レンズ交換券をお近くのJINS店舗にお持ちいただければ、無料で度付きレンズへの交換を承ります。メガネをプレゼントする際にもおすすめのサービスです。ご来店の際は必ず交換券をご持参ください。

詳しくはこちら

04.「自分のメガネを送ってらくらくオーダー(JINS MAIL ORDER)」を利用して作成

ご注文の際、「自分のメガネを送ってらくらくオーダー(JINS MAIL ORDER)」を選択し、ご使用のメガネをお送りください。同度数で新しいメガネをお作りします。

  • ※2008年7月より度数データを保証書に記載し、お客様個人で管理して頂くようになりました。
  • ※2008年7月以降に作成したメガネの度数情報につきましてはお探しできない場合もございますので予めご了承ください。

詳しくはこちら

05.眼科やJINS店舗で度数情報をつくる
眼科で視力の測定補助をされる場合

視力が落ちてきた時、近視や乱視、老眼(老視)によるものなのか、それとも目の病気の影響なのかは眼科専門医でなければ診断することができません。
初めてメガネを作るには、まず眼科へ行って目の状態を診察してもらい、そのうえで処方箋を出してもらうことが大切です。
また、何年も眼科へ通っていない方も同様に、視力の変化や眼病等の早期発見にも繋がることがありますので、気になる場合は眼科専門医の診察を受けることをおすすめします。

お子様の目の場合は、体の成長と同様に、眼も成長過程にあります。
見えにくそうにしている場合や見えにくさを訴えている場合はなるべく速やかに眼科へ行って処方箋を出してもらい、その上でメガネを作成ください。

度数情報をメモされる場合は、以下の記入用紙をご活用ください。

ダウンロード

一部の地域では医療機関と連携し、眼病の早期発見を目指すプロジェクトを実施しています

詳しくはこちら

店舗で視力の測定補助をされる場合

いつでも無料で測定補助を行っております。
ご希望の客様はスタッフへお申しつけください。

詳しくはこちら

注目度の高いガイド