初めての老眼鏡の選び方(リーディンググラス・遠近両用メガネ)

老眼について

近くを見ようとするときに、ピントを合わせる力が弱くなっている状態を老視と言い、老視の始まりには個人差がありますが、
一般的に40歳頃から自覚症状として現われはじめます。
40歳頃に老視が始まるとすると60歳位までの間で度数の変動が大きいと言われており、
定期的な視力測定、その時のご自身の視力に合ったリーディンググラス(老眼鏡)をかけることをお勧めします。

こんな症状ありませんか?

  • 薄暗いと新聞や本などが読みにくい
  • スマホの画面などを読むとき遠ざけてしまう
  • 今まで読めていた距離で小さな文字が読めなくなった
  • ピントがなかなか合わない
  • パソコンを使用したあと目がしょぼしょぼする
  • 肩こりや頭痛が治らない

度数の目安

  • +1.00

    最近近くが見にくい

  • +1.50

    40〜50cm程度はなして文字を読む

  • +2.00

    50〜60cm程度はなして文字を読む

  • +2.50

    60cm以上はなして文字を読む

目的や用途に合わせて選べる
リーディンググラス(老眼鏡)

視力測定のいらない老眼鏡

  • JINS READING GLASSES
  • 野宮真貴コラボリーディンググラス

カスタマイズ

FRAME
約3,000種の中から

お好きなフレームを
老眼鏡に
お好きなフレームを

老眼鏡・遠近両用メガネの
セレクトポイント

  • ハーフリムで視野を広く
    ハーフリム

    リムの下部がないハーフリムタイプは見た目すっきり。広い視野を確保できます。

    ハーフリムのメガネを見る
  • 天地幅の広いメガネなら
    遠近両用にも最適
    天地幅の広いメガネ

    天地幅が広いメガネは視野を広く取れるのでおすすめです。上下の幅が30mm以上のフレームは遠近両用などの累進レンズでも視界が快適です。

    天地幅の広いメガネを見る
  • ふちなしメガネで
    さらに視界を開放的に
    ふちなしメガネ

    縁がないフレームは、見た目の印象を変えず、さらにリムがないので視界が最も広く感じて開放的です。

    ふちなしメガネを見る
  • 初めてメガネをかける方も
    安心の軽量フレーム
    天地幅の広いメガネ

    メガネをかけ慣れていない方はかけ心地とデザインで選んでみてはいかがでしょうか。

    軽量フレームを見る
眼病予防に紫外線対策を
99%以上カット

肌に紫外線を浴びるように、眼も日々紫外線の影響を受けています。放っておくと白内障などの眼病が発症する可能性も。JINSのアイウエアはUVカット率99%以上のレンズを標準装備しており、紫外線対策に最適です。

詳しく見る
JINSの価格案内
価格案内

様々な組みわせで作れるJINSの老眼鏡。オプションレンズとの組み合わせもお楽しみいただけます。

詳しく見る