初めての老眼鏡の選び方(リーディンググラス・遠近両用メガネ)

老眼について

近くを見ようとするときに、ピントを合わせる力が弱くなっている状態を老視と言い、老視の始まりには個人差がありますが、
一般的に40歳頃から自覚症状として現われはじめます。
40歳頃に老視が始まるとすると60歳位までの間で度数の変動が大きいと言われており、
定期的な視力測定、その時のご自身の視力に合ったリーディンググラス(老眼鏡)をかけることをお勧めします。

こんな症状ありませんか?

  • 薄暗いと新聞や本などが読みにくい
  • スマホの画面などを読むとき遠ざけてしまう
  • 今まで読めていた距離で小さな文字が読めなくなった
  • ピントがなかなか合わない

度数の目安

  • +1.00

    最近近くが見にくい

  • +1.50

    40〜50cm程度はなして文字を読む

  • +2.00

    50〜60cm程度はなして文字を読む

  • +2.50

    60cm以上はなして文字を読む

はじめての方に
おすすめの商品

DETAIL

視力測定が不要で、すぐにお使いいただけるパッケージタイプの商品です。
度数は3種類(+1.00/+1.50/+2.00)から選べます。
上品さをプラスしたクラシックなデザイン。
見た目に反して軽さとかけ心地を追求しました。
ブルーライト25%カット標準搭載。日常使いにぴったりの、自然な見た目のクリア仕様。※EN規格 EN ISO 12312-1:2022に基づく数値
※屈折率1.60、中心肉厚2.0mmの数値

目的や用途に合わせて選べる
リーディンググラス(老眼鏡)

あなたにおすすめ

カスタマイズ

約3,000種の中から
お好きなフレームとお好みのレンズを
組み合わせて
理想の老眼鏡が作れます

単焦点レンズ
追加料金¥0
□累進レンズ

一つのレンズで遠くも近くも見える

□累進レンズ
追加料金¥5,500〜
□JINS SCREEN

ブルーライトカットレンズ

□JINS SCREEN
追加料金¥5,500
□COLOR LENS

お好みのカラーを自由に選べる

□COLOR LENS
追加料金¥3,300〜
□バイオレットプラス

眼に必要な光のみ透過するレンズ

□バイオレットプラス
追加料金¥5,500
JINS READING

JINS READINGは視力測定が不要で、
すぐにお使いいただける
パッケージタイプの商品です。
度数は3種類(+1.0/+1.5/+2.0)
から選べます。

ベーシック

かけ心地抜群でバリエーションも豊富な、
初めての方にもおすすめタイプ。

3types / 3colors

OVAL

OVAL
color : 
 ピンク /   ブラウン /   ブラック

SQUARE

SQUARE
color : 
 マットネイビー /   グレー /   マットブラック

WELLINGTON

WELLINGTON
color : 
 カーキ /   ブラウンデミ /   マットブラック
薄型

自然な見た目と圧倒的な薄さで、
普段使いはもちろん、
持ち運びにもぴったりなタイプ。

1types / 2colors

オンラインショップでの
度付きメガネご購入方法

  • icon01度数がわからない

    フレームのみオンラインショップご購入いただき、お近くのJINS店舗で度数測定のうえレンズ交換させていただくことが可能です。

    詳しくはこちら
  • icon01度付きレンズがセット
    された状態で届けてほしい

    JINSのお店で測定いただいた度数情報や処方箋などをお手元に ご用意いただき、購入画面で度数を入力のうえご購入いただくと、お客様の度数のレンズをセットした状態でお届けします。

    詳しくはこちら
  • icon01今持っているメガネと
    同じ度数にしたい

    JINS MAIL ORDERがおすすめです。

    詳しくはこちら

オンラインショップ+一部店舗で発売中!

JINS READING