40歳からの
メガネ選び

あなたの見え方に合わせた、
メガネ選びをお手伝いします

加齢とともにピントを合わせる力が弱くなり、
近くが見えづらくなることを「老視」と呼びます。
40歳前後から自覚症状が現れはじめますが、
始まりや進行具合は人それぞれ。

JINSではお客様一人ひとりの見え方のステージに合わせて、
専用レンズやメガネをご用意しています。
メガネがはじめての人も、そうでない人も。
あなたの目に最適な一本をつくってみませんか。

こんな症状ありませんか?

  • 薄暗いと新聞や本などが読みにくい
  • スマホの画面などを読むとき遠ざけてしまう
  • 今まで読めていた距離で小さな文字が読めなくなった
  • ピントがなかなか合わない
  • パソコンを使用したあと目がしょぼしょぼする
  • 肩こりや頭痛が治らない

2STEPで
あなたに最適なメガネを選ぶ

手元の見えにくさは?

普段度付きメガネをかけている?

あなたにおすすめの
メガネ・レンズはこれ!

jins support lens

最近手元がぼやける人
詳しく見る

jins reading

スマホやPCなど、
手元を見つめることが多い人
詳しく見る

遠近両用レンズ

遠くも手元も見えにくい人
詳しく見る

あなたにおすすめのメガネ・レンズはこれ!

その他のメガネ、レンズ

おすすめのメガネ・レンズ

jins support lens

スマホやPCなど、
手元を見つめることが多い人
詳しく見る

jins reading

手元が見えにくい人
詳しく見る

遠近両用レンズ

遠くも手元も見えにくい人
詳しく見る

老眼でよくある ギモンQ&A

Q1.老眼は何歳からなるの?

A.40代から自覚します

「手元の文字が読みにくい」「うす暗いところでは見づらい」というような変化は、30代で出始めます。老眼を自覚する年齢には個人差があり一概には言えませんが、一般的に40代で老眼を自覚する人が多いようです。

Q2.メガネをかけない方が訓練になる?

A.眼を疲れさせて逆効果に

メガネをかけると老眼が進むという俗説があるようですが、不便を感じるのに無理をしてメガネをかけずにいると、逆に疲れ目や肩こりなど不調の原因になります。目に合ったメガネで老眼をサポートしましょう。

Q3.メガネで老眼の進行が進む?

A.進むことはありません

老眼は、加齢により水晶体が硬くなることで起こる症状であり、メガネをかける・かけないは、進行に関係ありません。逆に目に合ったメガネをかけると、よく見えるようになるため、目が楽になるはずです。

Q4.近視は老眼になりにくい?

A.見えやすくても老眼です

近視の方は、もともと近くにピントが合いやすいため、老眼が始まっていてもそれに気づかないだけです。手元を見るのに不自由を感じない方もいるかもしれませんが、老眼にならないわけではありません。

Q5.レーシックで老眼が進むの?

A.ふつうに老眼になります

レーシックとは、角膜にレーザーを当てピントを遠くに移動する手術。近視は矯正されても、加齢と共に水晶体の調節力が低下し、老眼になります。老眼が始まってから手術すると、急に老眼が進んだ感じがしますが、レーシックで進むわけではありません。

Q6.老眼になりやすい理由がある?

A.スマホなどによる目の使いすぎはNG

私たちの目は、水晶体の上下にある筋肉「毛様体筋」が水晶体の厚みを調節してピントを合わせています。スマホやパソコンの長時間使用など目を酷使すると、毛様体筋を疲れさせます。これによる調整機能の衰えが老眼の原因に。

内容監修:堀 裕一 先生東邦大学医学部 眼科学講座(大森)教授・医学博士