KIDS&JUNIOR KIDS&JUNIOR

君らしさをみつけよう。

君は、どんな色が好き?
どんなものにワクワクする?
今、君の目に見えているものが、
将来の君らしさをつくるから。
キレイな景色やおどろくような瞬間に、
たくさん
出会って、ふれて、楽しんで。
さあ、お気に入りのメガネをかけて、
心から「好き!」と思える毎日を、
もっともっと見つめよう。

LINE UP

4種類のサイズ展開と多彩なカラーリングで
充実のラインナップ

FRAME

JINS は、子どもたちが「前向きな気持ちでかけられるメガネ」をめざしました。
約7000人の子どもたちを対象に独自で調査を実施。煩わしく感じない軽さ、顔なじみのよいフォルム、好きな色など、子どもが楽しみに掛けられる一本を追求しました。
その開発姿勢を評価いただき、グッドデザイン賞、キッズデザインアワードをW受賞。" はじめてメガネ"でも安心な、成長に合わせて選べる4つのサイズと豊富なカラーを展開しています。

GOOD DESIGN AWARD KIDS DESIGN AWARD
  • サイズ・カラー

    あらゆる年齢に対応した4種類のサイズ展開と、
    一人ひとりの好みに応える多彩なカラーリング。
    充実のラインアップで、
    成長に合わせてピッタリの一本が選べます。

  • 軽くて柔軟なフレーム※

    手にした瞬間に実感する、おどろきの軽量感。頭部への締め付けを少なくする、フレームの柔軟性。しなやかに優しくフィットして、快適なかけ心地が続きます。

    ※一部商品を除く

  • 安心で優しい※

    KIDS & JUNIORのメガネは、
    医療用具や哺乳瓶にも使われる素材
    「TR-90」を採用。
    メガネがはじめてのお子さまにも安心です。

    ※一部商品を除く

LENS

JINSのメガネは、世界シェアNo.1レンズメーカーの薄型非球面レンズを標準搭載しています。
非球面レンズは、球面レンズに比べて歪みが少なく、自然な視界を保つことができるのが特徴です。
しかも、どんな度数でも追加料金0円。成長過程にある子どもにも安心です。

はじめてのメガネ選び

  1. 01

    眼科受診

    はじめてメガネを作る時は、
    まずは眼科を受診して
    眼科専門医の指示に従い、
    処方箋をもらいましょう。

  2. 02

    サイズ選び

    顔にピッタリ合って、ずれにくいものが理想です。「フレームの幅」や「鼻あてのフィット感」「耳にかかるテンプル(つる)の長さ」などをポイントにして選びましょう。

  3. 03

    デザイン選び

    たくさんの
    カラー&デザインの中から、
    お気に入りの一本を
    見つけましょう。

  4. 04

    定期検診

    子どもは成長とともに顔の幅や、
    目と目の間の距離、それに視力も変化します。定期的な眼科受診とメガネの
    サイズチェックをしましょう。

子どもの視力について

眼科の先生が答えます!

慶應義塾大学医学部  眼科学教室
鳥居 秀成 医師

  • 何歳から視力って
    低下するの?

    早い場合には6歳未満から近視になることも。

    詳しく見る
  • メガネをかけないと
    悪いことってあるの?

    目が見えにくい状態でいることは目にとってあまり良くありません。

    詳しく見る
  • 一度低下した視力って
    回復するの?

    一般的には視力の回復は難しいと言われています。

    詳しく見る
  • なぜ処方箋をもらった
    方がいいの?

    眼科で調節の影響も考慮したメガネを作るほうが、近視進行が少ないと言われるからです。

    詳しく見る

「見る育(みるいく)」とは、子どもの「見る」をあらゆる側面から応援するJINSのプロジェクトです。

Project 01

メガネの選び方や子どもを取り巻く「光」環境の知識。今知っておきたい、目の健康にまつわるとっておきの話を人気 No.1 ママ雑誌「VERY」で毎月連載中!VERY誌面、VERYネットにて記事をご覧いただけます。

Project 02
医療・
研究機関

JINSは大学研究室や医療機関など、異分野の技術・研究内容を商品開発にいかしています。
例えば、パソコン画面から発せられるブルーライトに着目して開発した「ジンズスクリーン」もその一つ。デジタルデバイスを使うことが当たり前になった現代の子供に、欠かせないアイテムとしてご好評いただいています。また、近視研究で今最も注目されている「バイオレットライト」を選択透過できる「バイオレット+(プラス)」も、成長期のお子様に特におすすめのレンズとして販売しております。
日々進歩する新しい研究技術をメガネやレンズに落とし込み、お客様にお届けすることを目的とした取り組みです。

Project 03

目の仕組みを知ることで、目について関心を持ってもらいたい。そんな思いから学研プラスと共同で、ものが見える仕組みや目に見えない光など、様々な実験を通して目のひみつを探る親子向けワークショップを行いました。

  • 実験1
    ものが見える仕組みって?
    目と光の関係を学ぼう お家でやってみよう!
  • 実験2
    3Dメガネをつくろう
    3D体験をして、ものが立体に
    見えるひみつを知ろう
  • 実験3
    発見!目に良い光
    私たちの目に必要な光
    「バイオレットライト」を探そう
何歳から視力って
低下するの?

早い場合には6歳未満から近視になることも。

小・中学生で近視(遠くを見るときに網膜の手前で焦点が結ばれてしまうためにぼやけて見える状態)になり視力が落ちはじめ、進行することが多く、年齢が若い方が進行が早いと言われています※。
視力検査の結果や、目を細めて見ているなどお子さまの様子が気になったら、早めに眼科専門医に相談しましょう。

※ただし、遺伝や生活環境によりそれぞれ違います。
大人でも近視発症や、近視進行が止まらない場合もあります。

メガネをかけないと
悪いことってあるの?

目が見えにくい状態でいることは
目にとってあまり良くありません。

眼科専門医の処方のもと、適切な度数のメガネをかけさせることは物をはっきり見るためと同時に、近視進行抑制にも重要であると考えられています。メガネをかけはじめる時期は、体が成長する時期に一致することが多く、近視も進行しやすいと言えます。メガネをかけ始めた後は、定期的にかかりつけの眼科に通い、お子さまの成長とメガネの度数が適切に保たれているかをチェックすることが重要です。

一度低下した視力って
回復するの?

一般的には視力の回復は難しいと言われています。

一度近視になってしまうと、近視になる前の状態に戻すことは一般的には難しいとされています。しかし、近視の進行を抑える方法はいくつかあります。ご家庭でできるものとして取り入れていただきたいのは、1日に2時間は外で遊ぶこと。最近の研究では、太陽光※が近視進行を抑える一因として重要であることが分かってきています。

※明るさや波長といった光環境

なぜ処方箋を
もらった方がいいの?

眼科で調節の影響も考慮したメガネを作るほうが、
近視進行が少ないと言われるからです。

その他にも、子どもの視力低下には様々な原因が考えられます。視力が落ちてきたときに、それが近視、遠視、乱視といった屈折異常によるものなのか、他の目の病気が原因かどうかについては、眼科専門医でなければ診断することができません。メガネを作る際には、まず眼科へ行ってお子さまの目の状態を診察してもらうことが重要です。