OCEANS JINS × Snow Peakの サングラスは、街でもアウトドアでも活躍する“毎日の相棒”だ OCEANS JINS × Snow Peakの サングラスは、街でもアウトドアでも活躍する“毎日の相棒”だ

もはや当たり前となった“街で着るアウトドア”。そこに今春、予想外の大型新人が現れた。
「JINS×Snow Peak」のコラボサングラスである。
着替えるように楽しむ“ファッションアイウエア”の価値を創りあげたジンズらしいデザイン性とコストパフォーマンスに、アウトドア界の雄であるスノーピークのこだわりが詰まった機能が融合。
と、概要を知るだけで欲しくなる本コラボレーションの詳細をリポートしよう。

街に馴染み、フィールドで機能を発揮。そんな都合のいいこと… 街に馴染み、フィールドで機能を発揮。そんな都合のいいこと…

あるんです!それが、JINS×Snow Peakのコラボ作。
機能に特化したサングラスのほとんどは従来、街用としてはトゥーマッチ。だが、ファッション性を重視するとアウトドアフィールドでの使用は少し心許ない。それが当たり前だった。しかし本作は違う。展開する4つのモデルはいずれも、慣れ親しんだウエリントン型とボストン型をベースにしているため普段使いしやすく、使えば納得の機能を搭載。それではコラボで注目の2モデルから見ていこう。
まずは「JINS×Snow Peak JINS Switch」。こちら(下の写真)は、メガネとしてもサングラスとしても使えるクリップオン&フリップアップ式。今回展開される4モデルのうち、最も汎用性の高いモデルだろう。ラペル付きジャケットなど、きれい目スタイルでも定番のウエリントン型だから違和感ゼロ。街中でも適度な品を持たせてくれる。サングラスプレートはフリップアップ式なので、屋外と屋内、運転と打ち合わせなど、シチュエーションに合わせて瞬時に切り替えられる。ブリッジやフレームの天地幅も絶妙で、クラシックながらもちゃんと“今”を感じさせるデザインに。マットな質感もモダンな印象だ。もちろんジンズらしく、日本人の顔型に合わせたフィット感なのでかけ心地も上々である。

続いての注目のサングラスは、コンパクトに折りたためる「JINS×Snow Peak Folding SUNGLASSES」。
こちら(下の写真)もウエリントンとボストンの2型が用意されている。いずれも、手持ちのワードローブにすんなりと溶け込むデザイン。Tシャツにカーディガンというシンプルな装いも、ご覧の通り。

さりげなく主張するコラボレーションの証 さりげなく主張するコラボレーションの証

テンプルの外側にはアスタリスク付きのスノーピークのロゴがあしらわれ、その内側にはコラボを証するロゴをプリント。両ブランドのロゴの間にスノーピークオリジナルのペグ「ソリッドステーク」を配した特別仕様で、これは全モデルに共通だ。

コラボモデルを使ってわかった有効性 コラボモデルを使ってわかった有効性

ここまでは主にデザイン目線でのリポートだったが、ここからはアウトドアフィールドで活躍する機能について見ていこう。テントサイトに到着して荷下ろしをしたら、ウッドデッキでしばし休憩。いつもなら、メガネとサングラスの2つを持ち歩く必要があったけれど、1本で2役を兼ねる“JINS Switch”なら、そんな煩わしさから解放してくれる。木陰や屋内に入ったときは、わざわざサングラスを外すことなく、ヒョイとサングラスレンズを跳ね上げるだけでメガネに早変わり。日射しが強いこれからの季節のキャンプにおいて、これほど嬉しい機能はないはず。

さらに、テンプルエンドが可変してフック状になることで、下を向いたときにサングラスがずり落ちることもなく、フィールドで動き回っても大丈夫。古くから用いられてきた、従来のクリップオンやフリップアップ式は、取り外しが面倒だったり壊れやすかったり、使い勝手が今ひとつ。しかし、クリップオンとフリップアップの両方を兼ねる“JINS Switch”は、マグネットで簡単に着脱と跳ね上げができ、動き回ってもズレにくい。

度付きのクリアレンズに偏光レンズを組み合わせた“JINS Switch”はドライブにも最適だ。照り返しが眩しい路面を走行中でも、クリアな視界を提供してくれる。一方、長いトンネルに入ったときには、サッと跳ね上げるだけで明るさを確保できるのだ。

次に紹介するモデルは、「JINS×SnowPeak Folding SUNGLASSES」。
サングラスを外すとき、首元に掛けておくと邪魔になるし、わざわざケースに戻すにはまたすぐ使うかもしれない。案外多いこんなシチュエーションで、折りたたんで胸ポケットや上着のポケットにヒョイっと入れておけるのはとても便利。キャンプシーンではもちろん、日常生活でもサングラスをちょっとだけ外したいシーンは多い。クラシカルなルックスながら、フレームは軽量かつしなやかなTR-90という樹脂素材で快適なかけ心地。ジンズらしいこだわりとスノーピークらしい提案が凝縮した一本の有効性は、これ以上言うまでもない。

コラボ最後の刺客は、親子で楽しめる「JINS×Snow Peak Rubber SUNGLASSES」 コラボ最後の刺客は、親子で楽しめる「JINS×Snow Peak Rubber SUNGLASSES」

コラボのラストを飾るアイテムが、こちらの「JINS×Snow Peak Rubber SUNGLASSES」。そもそも目に有害な紫外線と眩しさを抑え、自然の中の色彩を鮮やかに映し出すためのギアがサングラス。そんなサングラス本来の有効性をキャンプシーンで、そして子供たちにも体験してもらいたいという意図もあり、こちらの「JINS×Snow Peak Rubber SUNGLASSES」はキッズモデルを用意しているのがポイントだ。

モデル名通り、フレーム全面にラバーを採用し、鼻パッドや丁番部分の金属を露出させないことで安全性を向上。長時間肌に触れていてもOKで、汗をかいてもズレにくいという利点も見逃せない。子供とお揃いで、毎日の買い物から大自然の中まで、一緒に駆け回りたくなるサングラスなのだ。

スマホや財布も入る付属のサコッシュ&セリートも! スマホや財布も入る付属のサコッシュ&セリートも!

紹介した全モデルにこんなオリジナルサコッシュまで付いてくる! さらにスノーピークのロゴ入りセリートも付属するなんて、気が利きすぎやしないか?サコッシュはサングラスだけではなく、スマホや財布も一緒に持ち歩けるサイズ感が秀逸だ。メッシュやコード部分などは、実際のスノーピーク商品で採用している素材が使われている。さらにアウトドアシーンで気になるレンズの埃や汚れも、フックでサコッシュに付けておけるセリートがあるから安心。このサコッシュとセリートだけでも欲しいくらいだ! アウトドア用サングラスとしての機能性に加え、街でも違和感なく使えるデザイン性を兼ね備えたJINS×Snow Peakのコラボサングラスは、まさに毎日連れ出せる相棒。アウトドアファッション好きにもガチのアウトドア好きにも、理想の存在なのである。

山本雄生=写真
 星 光彦=スタイリング
 MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク
 川瀬拓郎=編集・文

OCEANS Web掲載