そのメガネ、大切に使っていますか?

Knowledge

そのメガネ、大切に使っていますか?

2016.12.28

日常生活を共にするメガネ。いつもキレイにしているようでも、実はホコリや花粉、汗、皮脂、そして化粧品などで意外と汚れています。蓄積した汚れはフレームの変色や錆びの原因に...。そこで今回は、JINSが正しいメガネのお手入れ方法をお教えします!普段の何気ないお手入れが、実は間違っているかも!? 快適に、長くメガネをご愛用いただくために、メガネユーザー必見です。


[Q1]毎日、超音波洗浄機でメンテナンスした方が良い
care_img1.jpg
care_btn.jpg
care_img1.jpg
batsu.jpg

毎日の超音波洗浄機での洗浄は、コーティングやメッキ、塗装の剥がれやネジの緩みの原因となり、劣化につながる可能性があります。過度なメンテナンスは避けましょう。



[Q2]水で洗った方が良い
care_img2.jpg
care_btn.jpg
maru.jpg

ホコリが付いたレンズをすぐにメガネ拭きで拭いてしまうと、レンズを傷付けてしまう恐れがあります。最初に流水で汚れを洗い流してあげましょう。洗い流した後はガーゼなどの柔らかい布や、ティッシュを押し当てるようにして、きちんと水分を吸い取ることも忘れずに。
※ただし偏光レンズは除く




[Q3]汚れが酷い時はハンドソープを使う
care_img3.jpg
care_btn.jpg
care_img1_2.jpg
batsu.jpg

メガネを洗浄する場合は中性洗剤の使用をお勧めします。ハンドソープの多くは弱酸性や弱アルカリ性のものが多いため、これらを使用するとレンズのコーティングが剥がれてしまう可能性があります。最近はメガネ専用の洗浄剤も販売されているので、有効活用したいですね。




[Q4]鼻パッドが変色したらアルコールで拭き取る
care_img4.jpg
care_btn.jpg
care_img1_3.jpg
batsu.jpg

変色やサビによる鼻パッドの汚れは、アルコールを使ってもなかなか落ちません。無理に汚れを取ろうとすると破損してしまう場合もあるので、普段からこまめなお手入れを心がけましょう。また、JINSでは無料で鼻パッドを交換することができます。お気軽にご相談ください。
※フレームの素材によっては変質してしまう場合がございますのでアルコールの使用はお控えください。




[Q5]メガネ拭きは汚れたら洗う
care_img5.jpg
care_btn.jpg
maru.jpg

汚れた箇所を拭いても"汚れが伸びていく"ような感じがあれば、それはメガネ拭き自体が汚れている可能性があります。メガネ同様、メガネ拭きもきれいにしましょう。メガネ拭きのお手入れは手洗い洗濯をお勧めします。洗剤をぬるま湯に溶かし、メガネ拭きをゴシゴシ。洗い終わったら、十分にすすぐことも大切です。



メガネは繊細なもの。正しい洗浄方法を知っておくことは、大事なメガネを長く使うための秘訣です。メガネのメンテナンスについて困った事があれば、いつでもJINSのお店へご相談ください。



【Staff credit 】
Photo:Kazuma Takeuchi
Illustration :Takashi Koshii
Text : Takuhito Kawashima(kontakt)
雑誌やカタログなどを製作する編集プロダクション「kontakt」エディター。ファッションをはじめ、インテリア、ライフスタイルなどの編集や執筆も行う。