Combination Metalby Akira Teshima

カーデザインをはじめ、家具や日用品、スポーツギアなど多くのジャンルの工業デザインを手掛けて来た
手島がデザインのポリシーにしているのは、素材感や機能感を製品として適したカタチに表現すること。
「フィット感や、軽さなど、アイウエアに求められる機能を、こだわりのカーボンやチタン、アルミなどの
素材を活かしながら、フォルムの美しさに落とし込むこと。」をテーマにまとめました。

手島 彰(プロダクトデザイナー)

SUBARUにて初代IMPREZAのデザイン、PLUSにて家具の企画開発等を経て、2007年テシマデザインスタジオ設立。自動車関連、ゴルフクラブ、家具、ネットワーク機器、日用品、ユニバーサルデザイン、伝統工芸から次世代産業まで、工業デザインを軸にブランディングまで多岐にわたる。2014年グッドデザイン未来づくりデザイン賞など受賞多数。

Carbon Type

カーボンタイプ

POINT1
チタンフレームの素材感と
フレームシルエットの
美しさを重視したデザイン

POINT2
軽量、高強度なカーボンの
炭素繊維独特の模様が、
デザインのアクセント

POINT3
フロントラインから流れるような、
しなりを感じさせるカーボンパーツの
美しいライン

LINE UP¥18,000税

Aluminium Type

アルミニウムタイプ

POINT1
アルミニウムとチタンの
金属のコントラストを
全面に押し出したシャープなデザイン

POINT2
メタル素材とエアフレームの贅沢な
コンビネーション。機能性と美しさを
両立したモデル。

POINT3
フロントのチタンアクセントから、
サイドのスリットまでつながる
美しいライン

LINE UP¥18,000税

※一部店舗ではお取り扱いがございません。お取扱い状況は各商品詳細ページの「店舗の在庫情報 」をご確認ください。