JINS
JINS DESIGN LAB.

TOP

進化は細部に宿る - Innovation is in the details. Part.1

アイウエアができること。その可能性を広げたい。もっと快適で、魅力があり、暮らしを豊かにしてくれる。JINS DESIGN LAB.は、わたしたちの考えるこれからのデザインを、追求し続けるプロジェクトです。

How eyewear can enrich life.  The possibilities still lie open before us. JINS DESIGN LAB. continue to push the envelope of innovative designs that bring extra comfort, glamour and richness to life.

CELLULOID meets Sabae

Part1に続き、アイウエアを構成する要素の中から「DETAILS(細部)」にフォーカス。
美しい光沢と頑強さを併せ持ち、
これまで世代を超えて根強いファンに愛されてきたセルロイド。
110年の歴史と高い技術力で知られる鯖江で、
素材のポテンシャルを極限まで追求した革新的なアイウエアが誕生した。
希少で歴史あるセルロイドに新たな価値を見出し、未来を見据えた挑戦が始まる。

素材としてのセルロイド、その希少性

硬くて丈夫なアイウエア素材として日本で馴染みのあるセルロイド。
加工と管理には高度で繊細な技術が必要とされるため、プラスチックフレーム全体のシェアは約1割という希少な素材でもある。
手間と時間を惜しみなくかけ、じっくりと製作されたアイウエアだからこそ、肌なじみのよい重厚感や、透明感のある風合いが生まれてくる。
長年愛用できる希少な素材として、セルロイドの価値は歴史あるクラシカルな味わいとともに再び見直されている。

扱いや加工が難しい特殊な素材

燃えやすい素材が原料に含まれるセルロイドは、高度な加工技術を要する特殊素材だ。硬度と彩度を増すため、しっかりと乾燥させることで、経年変化も格段に少なくなる。削り出しや磨きなどの工程にも、通常の倍以上の手間と時間をかけて初めて、透明感のある上質な陶器のような、しっとりとしたツヤが生み出される。
持ち味を最大限に引き出す工程が「磨き」だ。粗磨き、中間磨き、ツヤ磨きと幾度も磨きを繰り返すことで全体の印象は引き締り、光沢の奥行き感は驚くほど変わる。しっとりと肌なじみがよく、丹念に磨き上げられたセルロイドフレームには、時代を超えた普遍性が隅々まで凝縮されている。

バネ性のテンプルで掛け心地も追求

堅牢で変形が少ないセルロイドに、しなやかな弾力性を加えることは、これまでほぼ実現不可能とされてきた。掛けやすさを可能な限り追求するために新しく開発したのは、弾力性と耐久性を持ち合わせたバネ性のあるテンプルだ。
芯材には柔軟性の高いハイニッケル合金やβチタンを採用し、さらに蝶番からテンプル中央部までの生地を薄く仕上げている。生地をシェイプしたことで、互いに相反する性質を最大限に利用し、一定の硬さを保ちながらソフトなフィット感を可能にした。セルロイドフレームの特徴である、厚みのある存在感をきっちりと残しながら、滑らかで一体感のある佇まいをキープしたことで、まだ誰も体験したことがない、適度なしなりと強いコシを生み出した。
セルロイドフレームの歴史に新たな可能性が、またひとつ加わった。

テンプルの強度と柔軟性を高めるシューティング

バネ性のあるテンプルを再現する重要な工程がシューティングだ。
テンプルに高周波の熱を当て、生地を一度柔らかくしてから、芯材を挿入する作業で、強度と柔軟性を与えることが可能になる。
クラックや破損を引き起こす一因になるという理由で、これまでセルロイドでは誰も作らなかったバネ性のあるテンプル。生地を温める温度の設定や、芯の材質のバランスを見極めながら、確実に芯材が中心を通るよう調整できるには、10年以上の経験が必要になる。素材、温度、打ち込みかた、フレームの厚み、全体のデザインとのバランス、そのすべてが整ってはじめて、掛け心地のよいセルロイドフレームが生まれる。

長く愛される普遍的で美しいアイウエアとは

長く愛されるJINSならではのアイウエアを求めて、加工技術で名高い鯖江へ。ブリッジにアクセントとなるシャープさを残しながら、ヨロイから蝶番、テンプルにかけては甲丸感と呼ばれる立体的な丸みを削りと磨きで再現。手作業ならではの流れのある一体感に、輝きはグンと増す。
これまでの重厚感のあるセルロイドのイメージを一新し、新たにバネ性のある芯材を入れることで再現不可能とされた
“弾力のあるテンプル”が初めて誕生した。

幾度もの磨き工程を経て生まれるセルロイド特有の透明感のある美しさ。
エッジをきかせたブリッジと、3次元的な丸みを備えたヨロイの絶妙なバランスなど、セルロイドのよさを最大限に引き出すため、歴史ある鯖江の知恵と新しい技術をふんだんに注ぎ込んだ。その結果、従来のセルロイドのイメージを一新する、革新的なセルロイドフレームが誕生した。
JINS DESIGN LAB.は、これからも着実に変貌を遂げていく。
「進化は細部に宿る」
10年先の未来を見据えた新たな挑戦は、まだ始まったばかりだ。

*強度を保つため、モダン付きのβチタンテンプルにはアセテート素材を使用しております。

PRODUCT

CELLULOID meets Sabae - ¥18,000+税 - 新しい技術と伝統の知恵を注ぎ込み弾力性と耐久性を備えた革新的セルロイドフレーム