JINS 1DAY COLOR 10 SOFT CONTACT LENS WITH 58% WATER CONTENT, A THIN EDGE, UV PROTECTION, MOISTURIZING AGENTS

ヘアメイク林由香里氏インタビュー&メイクアドバイス ヘアメイク林由香里氏インタビュー&メイクアドバイス

JINSから大人カラコンが新発売!

監修を務めたヘアメイクアップアーティスト・林由香里さんが提案する、働く女性のためのイマドキメイク術

| HAIR & MAKEUP ARTIST | YUKARI HAYASHI |

毎日のメイクで、顔の印象を決めるアイメイクに力を入れる女性は多いのではないでしょうか。時短テクニックとして、簡単に目力をアップできるカラコンを着用する方も少なくありません。しかしカラコンを着けると、黒目が大き過ぎたり不自然な色味だったりと違和感が出てしまうという声も…。「わざとらしくなくて日常や仕事でも使えるカラコンがあったらいいのに」と思うことはありませんか?

そんな中、「いま、大人にこそカラコンを」というコンセプトを掲げ、「カラコン=メイク」と定義して開発された「JINS 1DAY COLOR」が誕生しました。

今回は、商品開発で監修を務めたヘアメイクアップアーティストの林由香里さんにインタビュー。ファッション誌や美容専門誌などで活躍し、女優やモデルなど大人の女性から絶大な支持を誇る林さんの視点で、商品の特徴やラインナップごとのおすすめメイクについて語っていただきました。

TALK THEME 01

働く女性にこそ使ってほしい。
ナチュラルに盛れる
JINSの大人カラコンとは

今回、林さんが「JINS 1DAY COLOR」の監修を務めるに至った経緯をお聞かせください。

林: これまでに雑誌などで、大人だけどちょっと女性っぽさもあるようなメイクを提案することが多く、そういったことから今回私にお話をいただけたようです。これまでのカラコンは特に若い世代に需要があったと思いますが、そうではなく私と同世代の大人でも自然に着けられるカラコンを、メイクとあわせて提案していただきたい、というお話でした。

私自身、若い時にカラコンを着けていましたが、ヘアメイクのお仕事をするうちに「カラコンって印象が強すぎて、メイクと関係なくそれだけで印象が決まってしまうな」と思うようになり、日常的には使わなくなりました。そういったJINSさんの想いに共感し、大人がナチュラルに使えるカラコンなら、ぜひ一緒に作ってみたいと思いました。

実際、大人の女性に向けたカラコンを開発する中で、どういったアプローチをされたのでしょうか?

林: もともとカラコンを着けていた人は、「目を大きくしたい」とか「イメージを変えたい」といった理由が多かったと思うんです。それはきっと若い時だけでなく、大人になってからも同じではないでしょうか。でもそういった大人が着けられるカラコンって意外と少ない。そこで、JINSさんならではのナチュラル感がありつつ目元がキレイに見えて、なおかつ大人が着けても主張し過ぎない色味や大きさのものがあったらいいよね、という話を皆さんとしました。

できあがった商品の特徴をお聞かせください。

林: 今回開発したカラコンは「BASE MAKE UP」シリーズと「POINT MAKE UP」シリーズの2種類があり、それぞれグレー、ブラック、ブラウン、ベージュの4色展開。全部で8種類のカラーラインナップです。どれもすごくナチュラルで普段のメイクの邪魔をしません。目の存在感を主張するのではなく、メイクになじんでほかを引き立たせてくれます。

それと、ちょっと遊び心も。「POINT MAKE UP」シリーズのほうは、「BASE MAKE UP」シリーズより少しだけ存在感のある作りになっているので、ナチュラルな雰囲気からバージョンアップして使っていただけるのかなと思います。

TALK THEME 02

なりたいイメージや
シーンに合わせて使い分けたい。
JINS大人カラコンの豊富な
ラインナップと最適メイク

全8種類のカラーラインナップについて、それぞれ色味の特徴や着用した時の印象をお聞かせください。また、おすすめのシチュエーションや似合うメイクもご提案いただけますか?

林: それでは、ひとつずつご紹介していきますね。

WARM GRAY WARM GRAY

ナチュラルな優しいグレーでおしゃれ度アップ。
BASE MAKE UP/WARM GRAY

林:グレーのカラコンってギャル感や大げさ感が出がちなものが多いんですが、WARM GRAYは優しいグレーなので個性的になり過ぎず、意外とオフィスでもなじむと思います。目が透き通ってキレイに見えますよ。

BASE MAKE UPシリーズは基本的にナチュラルな印象なので、メイクもアイラインやアイシャドウはあまりしっかり入れるのではなく、目元を生かしつつ自然に仕上げるのがいいですね。例えば、アイラインはリキッドより自然で柔らかいラインが引けるペンシルを、アイシャドウには肌なじみのよいカラーを使うのがおすすめです。

SKY GRAY SKY GRAY

みずみずしいブルーグレーで印象付けて。
POINT MAKE UP/SKY GRAY

林:POINT MAKE UPシリーズのSKY GRAYは着けると、いい意味で印象がガラッと変わると思います。WARM GRAYと比べるともう少し目元がはっきりして、グレーの中にブルー味が入っているので、みずみずしさが感じられます。休日のおでかけにもいいし、夜のライトでもキレイに透き通って見えるので、一日中透き通った目元が持続しますよ。

メイクはグレー系を使ってみました。通常、グレー系やパープル系のアイシャドウって目元がくすんで見えるんですが、透明感のあるカラコンだからこそ、メイクにグレーを使うと目元が軽やかになります。リップも、オレンジやピンクなどのポップな色ではなく、ピンクベージュなどの落ち着いた色味を選ぶと、大人の女性らしさが演出できますよ。

SOFT BLACK SOFT BLACK

黒目をふわっと自然に大きく見せる。
BASE MAKE UP/SOFT BLACK

林:SOFT BLACKは普段の自分の黒目を少し強調してくれます。と言っても、黒目の輪郭を強調するいわゆるサークルレンズとは違って、透け感があるので黒目になじみつつ、ふわっと大きくなる感じですね。ブラックなのでどんなシチュエーションでも着けられますし、目元の印象が強くなるので、ビジネスをはじめとしたきちんとしたいシーンにもいいかもしれませんね。

サークルレンズを使うと目の印象が強くなり過ぎて、暖色系の淡いメイクはカラコンに負けちゃうってことがあるんですが、SOFT BLACKなら柔らかいメイクにもしっかりメイクにも合う、万能タイプ。今までカラコンを着けたことがない初めての人にもおすすめです。

FOREST BLACK FOREST BLACK

サークルレンズよりワンランク上の大人系。
POINT MAKE UP/FOREST BLACK

林:FOREST BLACKは、SOFT BLACKよりさらに黒目の輪郭が強調されます。輪郭の内側の部分にイエローベージュのような柔らかい色味が入っているので、絶妙な具合に強調されて、目に柔らかくなじみます。そういった色味の使い方が大人のカラコンって感じがしますね。今までサークルレンズを着けていた人におすすめしたいです。

こちらはピンク色などの軽いアイメイクが似合うと思います。本来、ブラックのカラコンにピンクのメイクって、けっこう浮きがちなんですが、FOREST BLACKは透明感があって自然な発色なので意外と相性がいいですね。濃い色味よりちょっと儚げで淡い色味を使ったほうが、おしゃれな印象になります。

MID BROWN MID BROWN

目元を軽く、柔らかい印象に。
BASE MAKE UP/MID BROWN

林:MID BROWNはブラックやグレーより、少しだけカラコンの主張があります。もちろん目になじむので違和感はないですが、しっかりブラウンが出て、目元が軽い印象になります。ベージュよりは少し重厚感も残しつつ、という感じですね。

メイクはベージュ系やヌーディー系を合わせると大人っぽい雰囲気に。カラーメイクを使うともっと女性っぽい感じにもなります。例えば温かみのある赤ブラウンもいいですし、寒色系ならグリーン系とかでキリっとした感じにも。

HAZEL BROWN HAZEL BROWN

柔らかさ&強い目元でかわいらしさを演出。
POINT MAKE UP/HAZEL BROWN

林:HAZEL BROWNの色味は、ブラウンがちょっとだけ緑がかったイエローのような感じですね。輪郭の内側に複雑な色味が入っているので、輪郭が少しだけ強調され、サークルレンズに近い効果があると思います。

目元の印象が強いので、きちんとしたシチュエーションにもいいかもしれません。ベージュほどおしゃれ感を出し過ぎない、いい塩梅。柔らかい印象に目元の強さがあって、デートなんかでもかわいらしさが演出できそうです。王道なメイクも、コンサバ感が和らぐ感じがあります。

DEEP BEIGE DEEP BEIGE

色素薄い系の儚げ女子に近づける。
BASE MAKE UP/DEEP BEIGE

林:DEEP BEIGEは、少しだけ日本人離れしたような印象になります。SKY GRAYと比べると、こちらのほうがより目や髪色が明るく儚げな“色素薄い系”女子のイメージに近い。イエローとかグリーンとかそういったアンニュイなニュアンスが入っていて、目の奥まで透き通って見える感じがします。

光が入るとより軽さが出てキレイ。大げさに言うとビー玉みたいな感じでしょうか。ですので、外へのおでかけにも映えそうですね。メイクもけっこう軽めの色が合うと思います。

HONEY BEIGE HONEY BEIGE

透明感とうるんだ瞳で女性らしさアップ。
POINT MAKE UP/HONEY BEIGE

林:今回のラインナップで特にカラコンっぽさが出やすいのが、HONEY BEIGE。SKY GRAYもそうですが、こちらはどちらかといえば温かみのあるカラコンという感じでしょうか。POINT MAKE UPシリーズのブラックやブラウンほど輪郭のふち取りは強くないですが、黒目を少し強調してくれて、うるっとした瞳を演出します。SKY GRAYのクール系とはまた違って、こちらはより女性らしさが出ますね。

ベージュの色味を生かすには、目元にあまり色味を使わず、肌になじむような色のメイクがいいと思います。

8種類もあるので、その日の気分に合わせて使い分けるのも楽しそうですね。

林: そうですね。よりナチュラルに普段使いするならBASE MAKE UPシリーズがおすすめ。POINT MAKE UPシリーズのほうは、複雑な色味が少しずつ入っているので、着けるとけっこう目の表情が変わると思います。着けるだけでおしゃれ感が出やすいというのが、POINT MAKE UPの魅力ですね。

TALK THEME 03

JINSの大人カラコンで、
働く自分をもっと好きになろう

最近はマスク生活が日常化し、メイクで悩む女性も増えているようですが、カラコンで目元を印象的に見せるメイクの技があれば教えてください。

林: マスクしていると目元しか見えないので、目元に色味を入れてあげると印象が強くなると思います。例えば、あまり普段選ばないような抜け感のあるSKY GRAYやHONEY BEIGEを着けて、アイメイクに色をプラスしてあげると、より目元が強調されます。SKY GRAYにパープルやグレー系のメイクをあわせてもかわいいと思う。

今までメイクに色を使ったことのない人も、今回のカラコンで自分の目の色味をちょっとだけ和らげてあげることで、色が使いやすくなるんじゃないかな。

これまでにやらなかったようなメイクに挑戦できると考えると、メイクもより楽しめそうですね。オンライン会議も日常化されていますが、どんなメイクがおすすめですか?

林: オンラインの場合、マスクをしていないなら、口元に色味があるといいですね。目元はマスカラをしていなくても重く見えがちなので、SOFT BLACKやWARM GRAY、DEEP BEIGEなどで軽めの目元にしてあげて。モニター越しだと血色がない感じに見えることもあるので、やっぱり目元に色をのせてあげるのがおすすめです。

カラコンと色味を使ったメイクは、今期のトレンドと言えそうでしょうか?

林: そうですね、今期はマスクの影響もあると思いますが、目にインパクトを出すようなメイクがトレンドとして戻ってきている感じ。

カラーのアイラインもかなり多いですし。ラインやシャドウ、マスカラなどでバチっとするようなアイメイクが私は気になっていますね。
そういうメイクに「JINS 1DAY COLOR」のようなカラコンで目元にイマドキな抜け感を作ってあげると、ちょっと先を行くおしゃれ感が出ると思います。

「JINS 1DAY COLOR」は、まさに時代の流れに即したカラコンというわけですね。

林: こんなにナチュラルに着けられて存在感があるカラコンって、みんな求めていたけど今までなかったんじゃないでしょうか。メイクに悩んでいる人も、今までのメイクを全部変えるのは難しいけど、例えばカラコンを着けてみようとか、トレンドのリップを使ってみようとか、ひとつ変えるだけでも気分がけっこう上がると思います。ぜひそうやってメイクを楽しいなって思ってもらえたらうれしいですね。

PROFILE

林 由香里(はやし ゆかり)

林 由香里(はやし ゆかり)

1985年生まれ。長野県出身。中学生の頃からメイクに興味を持ち始め、将来はヘアメイクアップアーティストになることを決意。
日本美容専門学校を卒業後、3年半のサロンワークを経て、森ユキオ氏に師事。2012年に独立、現在はROI所属。
トレンドを取り入れた旬なヘアメイクを得意とし、オシャレな中にも女っぽい要素を潜ませたメイクやその発想力には定評がある。
セレブリティからの指名も多く、ファッション誌や美容誌、広告など様々な分野で活躍中。

Instagram:@yukarihayashi (https://www.instagram.com/yukarihayashi/)