TOP
Scroll
JINS
JINS DESIGN LAB.

JINS DESIGN LAB.

アイウエアができること。その可能性を広げたい。
もっと快適で、魅力があり、暮らしを豊かにしてくれる。
JINS DESIGN LAB.は、わたしたちの考える
これからのデザインを、追求し続けるプロジェクトです。

How eyewear can enrich life. The possibilities still lie open before us.
JINS DESIGN LAB. continue to push the envelope of innovative designs
that bring extra comfort, glamour and richness to life.

快適な”使い心地”にこだわって、変化し、進化し続ける「STANDARD」

デザインの観点から、価値のあるアイウエアを追求し続けるプロジェクト「JINS DESIGN LAB.」。世界的デザイナーの和田智氏によるデザイン監修のもと、
定番32型128モデルが、新たな「STANDARD」シリーズとして生まれ変わった。
アイウエアに限らず、身に着けるものに求められるのは「快適さ」と「デザイン性」の両立だ。
ベーシックなボタンダウンシャツも、シルエットやフィット感は進化し続けている。
このウエリントンのアイウエアも、フレーム形状を整えることで美しいハイライトを生み、
バーツの重量バランスを最適化して快適なかけ心地を実現するなど、
緻密なリデザインによって、愛され続ける定番として進化している。

細部へのこだわりが演出する、
すっきりと美しい佇まい
きわめてクラシックなウエリントンモデルながら、細部にはさまざまな改良が施されている。たとえば、フロントとテンプル(眼鏡のつる)をつなぐ智(ヨロイ)。このパーツを薄くすることで、前傾気味だった重量バランスを調整し、デザイン的にもすっきりとシンプルなフォルムに刷新。接続部にも和田氏がこだわった「シンプルなライン取り」が演出されている。
微細な重量の調整が実現した、
ストレスのないかけ心地。
フロントも厚みの変化を抑えることでシンプルなフォルムへリファインし、重量を軽減。テンプルは内側の段差をなめらかにする一方、わずかに重量を増すことでフロントとの重量を調整した。これにより、重量バランスが前後で均一化され、鼻や耳裏へかかるテンションの軽減を実現。長時間かけ続けてもストレスを感じない、快適な使い心地を実現した。
テンプルに走るハイライトが、
横顔に気品をもたらす。
和田氏がこだわったのが、シンプルなライン取りがもたらす、クルマのボディに流れるような「美しいハイライト」。テンプルをなめらかなラインにすることで光の当りが均一となり、また、以前は外へとはねていたモダン(つるの先)も歪みのないラインへと修正。これにより、テンプル全体に美しいハイライトが走り、その存在感を際立たせている。
スタイリストの小林伸崇さんが感心した、「定番をリデザインする」ということ。

ハイブランドの定番アイテムと同様に、JINSの「STANDARD」も
あらゆるディテールにこだわり、かけ心地にも配慮してリデザインされている。
定番モデルのリデザインとは、こういうものだと改めて感心した。

小林伸崇
1976年、和歌山県生まれ。マガジンハウス「POPEYE」編集部での編集アシスタントを経て、ファッションスタイリストとして独立。「Pen」やメンズファッション誌をはじめ、広告、CM、ブランドカタログ等のスタイリングやクリエイティブディレクションを手がけるなど、多彩な活動を展開する。

全LINE UPを見る

Supported bypen online