Our Frame

Our Frame

JINSのフレーム品質

アイウエアという製品は、大きく分けると「フレーム」と「レンズ」という、たった2つのパーツによって構成されています。そのうちの一つ、「フレーム」作りにおいて、JINSはデザインから製造まで、一切の妥協を許さず、高品質なものづくりを徹底しています。こちらのページでは、何百にも渡るフレーム開発過程の一部を抜粋し、その妥協なきものづくりの姿勢を、ご紹介いたします。

洗練された北欧デザインの家具や、トレンド最先端のアパレルが、昔では考えられないほどリーズナブルに手に入るようになった今日。良質なデザインの民主化が進み、人々の生活はより楽しく、豊かになりました。そして、そんな時代だからこそ、わたしたちはメガネの販売本数日本一を誇る会社として大きな使命を感じています。「より良いアイウエアを、より多くの人々に、より手に取りやすい価格でお届けしたい。」その志を胸に、メガネをこよなく愛するデザイナーたちが日夜研究を続けています。

わたしたちは、今日の社会において、「品質の良さ」は、すべてのお客様に保証されるべき権利であると考えます。わたしたちが、商品の品質と美しさを保証しようと最善を尽くし、絶え間なく改善を続けるのはそのためです。世界中のどこの工場で作っても、日本の、そしてJINS独自のクオリティを持ったフレームを提供できるよう、日本の第三者機関による徹底的な検査を実施しています。

JINSの工場には、「妥協0」と胸を張って言える14種類の検査、人の手による慎重な2つの検品体制が存在します。2万回メガネを掛け外すことを想定した耐久テスト。人間の汗によるメガネの表面劣化を観察する耐久テスト。気温50℃と-20℃の環境を再現した耐久テストなど。国際規格を超えた厳しい基準を設定し、それをクリアしたメガネだけを出荷。それでいて、この価格を実現しています。メガネを構成するあらゆる要素を、あらゆる角度から検査、検品し、最高のメガネづくりを目指す。JINSはこれからも、「妥協0」のメガネづくりを続けていきます。